わかりやすい!計測機器の校正ガイド

計測機器自体がおかしくなることが時々あります

計測機器が正常な数字を出している限り仕事はスムーズに運びますが、これが正常な数字を出さないと仕事はそこでストップしてしまいます。その為、時々これを校正する必要があり、定期的にやっておけば安心できると思われます。

大手の工場では計測機器はたくさんありますから、それに異常が出ると大変です。その為、校正を行いますが、これを行ってもらう業者はたくさんあります。またその業者にもレベルや費用に関して差があるわけで、それらの点に関して比較検討することが必要になります。

したがってその仕事を依頼する業者に関して調べる必要があることになるわけで、その部分はかなり時間が掛かる部分です。ネットを使ってうまく評判を調べることが出来ればかなり正確な情報を掴むことが出来ますので、より校正レベルが高く費用も適正なところを見つけることが出来るはずです。

JEMIC

おすすめ度
★★★★★
情報充実度
★★★★☆
利用満足度
★★★★★
サービス度
★★★★☆
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 電気関係の分野で幅広い校正を行います
  • 関東から九州まで幅広い地域に対応出来ます
  • ネットで校正見積もりや問合せを行えます

製造業では加工設備を用いるなどして部品を作り出しています。これらの加工設備では電気を用いて動かしていますが、設備を制御している計測機器が正しい値であるかを定期的に校正を行い確認してゆく必要が有ります。

電気関係の分野における校正ならJEMICのサイトを活用する事がお勧めです。このサイトでは取扱っている校正内容を把握して行く事が可能となっていますし、また対応可能な地域についてもサイトから確認出来ます。

JEMICのサイトでは見積依頼書のフォームに内容を記入して見積もり依頼を行う事が出来ます。また計測機器に関する各種問合せもメールにて24時間受付け対応していますので便利です。

OKIエンジニアリング

おすすめ度
★★★★★
情報充実度
★★★☆☆
利用満足度
★★★★☆
サービス度
★★★☆☆
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 納期が早いので急なご利用にも対応
  • 良質なお品をリーズナブルに提供
  • アフターフォローも整っているのでトラブルも心配ない

計測機器の発注を検討されている企業担当者様には、OKIエンジニアリングをお勧めいたします。測定、校正には性能のよい計測機器が欠かせませんが、国内外に数ある工業機器メーカーの中でも人気急上昇中のメーカーです。

OKIエンジニアリングは注文に対しては真摯に対応してくれます。まず納期が早いので、急に機器が必要になってしまった事態にも対応できます。公式サイトには扱っている製品や注文方法、納期に関しても掲載されていますので、ご確認ください。

OKIエンジニアリングはアフターフォローも充実しています。購入した後、機器のトラブルが発生したり、使用方法に不明なところがあっても、すぐにメーカーのスタッフが駆けつけてくれます。また常にお問い合わせにも対応してくれています。

株式会社服部

おすすめ度
★★★★☆
情報充実度
★★★☆☆
利用満足度
★★★☆☆
サービス度
★★★★☆
利便性
★★★☆☆
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 創業100年を超える信頼と実績が有ります
  • 国内500社の計測機器を取扱っています
  • 商品の校正やメンテナンスをトータルサポートしてくれます

製造業などでは加工した部品や製品の寸法を測定する為に各種計測機器を購入しますが、兵庫県で計測機器を購入検討される場合には株式会社服部の利用がお勧めです。ここでは創業100年を超える信頼と実績が有ります。

また株式会社服部は各計測機器の代理店としまして、国内の500社以上にもわたる計測器メーカーの商品を取扱っていますので、用途に応じた最適な計測機器を入手する事が可能です。そして購入後には商品の校正や修理などのメンテナンスに対応しています。

株式会社服部のサイトでは問合せに対してメールで24時間対応していますし、また平日は9時から17時まで電話での対応も行っています。そして兵庫県内の営業所を把握する事も出来ます。

住友電工テクニカルソリューションズ

おすすめ度
★★★☆☆
情報充実度
★★★☆☆
利用満足度
★★★☆☆
サービス度
★★★★★
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 国際規格に適合した計測器校正機関として高い評価を得ています
  • 引取り校正や出張校正などお客さんのニーズに対応出来ます
  • 校正の見積り依頼をサイトから行えます

全国には多くの製造業が有り様々な商品を作っていますが、これらの寸法や重さなどを測定する計測機器は定期的に校正を行う事が必要です。校正の際には住友電工テクニカルソリューションズのサイト利用がお勧めです。

このサイトでは住友電工テクニカルソリューションズが国際規格に適合した計測器校正機関として高い評価を得ている事を確認出来ます。また校正方法は引取り校正や出張校正などお客さんの幅広いニーズに対応しています。

また住友電工テクニカルソリューションズでは計測機器の校正見積もりをサイトから依頼する事が可能です。そして各種計測機器の校正に関する問合せを24時間受付しており便利です。

四国計測工業株式会社

おすすめ度
★★★★☆
情報充実度
★★★★☆
利用満足度
★★★★★
サービス度
★★★★☆
利便性
★★★☆☆
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 幅広い計測機器の校正に対応しています
  • 出張校正サービスも対応しています
  • 校正の見積りをメールで24時間受付しています

製造業などでは部品や製品を製造する際に寸法や重さなどを計測機器を用いて測定していますが、これらの計測が正しく行われているかを定期的に校正してゆく必要が有ります。校正の事なら四国計測工業株式会社のサイトがお勧めです。

四国計測工業株式会社のサイトでは取扱っている校正品目を始めとしまして、校正証明書や試験成績書のサンプルを確認出来ます。また出張校正が対応可能となる計測機器の内容についても把握して行く事が可能となっています。

四国計測工業株式会社のサイトでは計測機器に関する問合せをメールにて24時間受付け対応しており便利に利用出来ます。また香川県内の営業所や工場の情報も確認して行く事が可能です。

東洋計測器株式会社

おすすめ度
★★★☆☆
情報充実度
★★★★☆
利用満足度
★★★★★
サービス度
★★★★★
利便性
★★★★☆
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 創業から60年を数える老舗です
  • 様々な測定機器の校正を国家標準で行います
  • 出張による校正も日本全国を対象に行っています

東洋計測器株式会社は秋葉原にお店を構えて創業から60年を迎える超老舗の計測器を販売する商社です。東洋計測器株式会社はではほぼすべてのメーカーの計測機器の取り扱いを行っています。これらの計測機器の校正も東洋計測器株式会社では行っています。

東洋計測器株式会社では公的機関にてトレースされた国家標準で計測機器の校正を行えます。東洋計測器株式会社ではトレーサビリティ可能な校正を行ってもいるので非常に安心して各種測定機器の校正を依頼する事が出来ます。

東洋計測器株式会社では日本全国を対象に出張による測定機器の校正も行っています。校正した測定機器に対して各種証明書を発行する事ももちろん可能です。東洋計測器株式会社は様々なメーカーの様々な測定機器の校正を正確更生に校正を行う事が出来る会社です。

校正せずに計測機器を使用するとどうなるか

定量分析や測定、医療品・食品分野から工業製品まで機械化が進む現代。業務のみならず研究の場でも、物質を扱う際にもっとも重要なことは測定でしょう。質量測定や流量計、気圧計等々、個体、流体、気体を問わず、計測することなしに業務や研究を行うことはできません。この時、測定の貯めに用いるのはそれぞれに適した測定機器でしょう。商品によりけりですが、基本的にはワンタッチで測定を行うことが可能ですが、実は毎回正しい精度で測定値を出すためにやらねばならないことがあります。それが、計測機器の校正です。校正を正しく行わなかった計測機器は、精度に狂いが出てしまい、製造、あるいは研究等での結果や再現性が大きく異なってしまう場合があります。ではなぜ、計測機器で正しい結果を出すために、校正が必要なのでしょうか。

計測機器に校正が必要な理由が、機械とはいえ完璧ではないということです。例えばロードセル等の質量測定機器を例に取って説明します。ロードセルは測定エリアに生じたひずみを電流や電圧の変化によって計算し、エリアをひずませた力、すなわち質量を測定するというものです。導入したての場合は校正は必要ありませんが、長く使っていると経年劣化が生じ、測定エリアがひずんだままの状態になります。この状態では正しい測定結果を導き出すことができません。そのため、都度ロードセルを交換するか、初期の印加電圧の数値を調整し、正しい測定結果を得られるようにする必要があります。これが校正です。他にもカラーセンサーによる測定の場合、カメラによる撮影を行うのであれば照明の経年劣化によるホワイトバランスの調整ですし、単純な赤外線の反射光測定による場合でも、赤外光の劣化には注意を払わなければなりません。

このように、計測機器を正しく使うためには校正が必要不可欠です。メーカーなどによっては校正用のツールを用意していることがあるため、なるべく定期的に校正を行い、数値等を控えておいた方がよいでしょう。その際に必要なのが、計測するサンプルはまったく同じ物を用意して、同じ数値が出るように調整するというものです。ただし、測定対象が農産物などのような物の場合、同一サンプルを用意するのが難しいという欠点もあります。その場合は、基準となるものを別に用意しておく必要があります。このようなユーザレベルでの校正は最低限として、使用度に応じてメーカー側の校正等もメンテナンスとして行うべきでしょう。また、人的エラーによる測定ミスを防ぐため、事前に校正の手順をマニュアル化しておくことも重要です。計測はものづくりの基本、正確な測定を行いたいものです。